So-net無料ブログ作成

プラトニック あらすじ 3話

スポンサードリンク

プラトニック あらすじ 3話

12年ぶり連ドラ出演の中山美穂がキンキキッズの堂本剛と初共演 !

脚本は野島伸司が手がける悲恋の物語 !!

「プラトニック」6月8日(日)は3話目の放送となります。

今回は気になる物語のあらすじ 3話を紹介させていただきます。

プラトニックのあらすじ 3話は下記の内容となっております。

沙良(中山美穂)と青年(堂本剛)は二人で
婚姻届を提出し、夫婦生活をはじめる。

今でも青年の心臓提供を信じられない沙良は
医師・倉田(尾美としのり)に、青年が本当に
脳腫瘍かを調べて欲しいと頼む。

その頃、娘の沙莉は同じ病棟に入院していた
高校生・遼に恋心を抱いていた。

それを察した沙良は、心臓の負担になるからと
恋愛をやめさせようとするが、沙莉は
叔父・和久(小泉孝太郎)の助けを借り、
退院したばかりの遼に会いに行く・・・。

以上が、プラトニック あらすじ 3話の紹介でした。

プラトニックの放送は毎週日曜 22:00~22:50 です。
どうぞ、お楽しみください。

スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 中山美穂が堂本剛と初共演 ドラマ プラトニック All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。