So-net無料ブログ作成
検索選択

プラトニック あらすじ 4話

スポンサードリンク

プラトニック あらすじ 4話

12年ぶり連ドラ出演の中山美穂がキンキキッズの堂本剛と初共演 !

脚本は野島伸司が手がける悲恋の物語 !!

「プラトニック」6月15日(日)は4話目の放送となります。

今回は気になる物語のあらすじ 4話を紹介させていただきます。

プラトニックのあらすじ 4話は下記の内容となっております。

沙良(中山美穂)は青年(堂本剛)と暮らす中で、
少女の頃に抱いたピュアな感情を思い返す。

再検査の結果、青年は脳腫瘍で余命数ヶ月だと
医師・倉田(尾美としのり)から改めて告げられ、
沙良は悲しい思いに駆られる。

そんな沙良の心情を読みとった倉田は、青年に
「救世主は君になった」と意味深なことを言う。

元夫の佐伯(吉田栄作)から復縁を迫られた沙良は、
その晩、隠していた過去を青年に打ち明ける・・・。

以上が、プラトニック あらすじ 4話の紹介でした。

プラトニックの放送は毎週日曜 22:00~22:50 です。
どうぞ、お楽しみください。

スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 中山美穂が堂本剛と初共演 ドラマ プラトニック All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。