So-net無料ブログ作成
検索選択

プラトニック あらすじ 8話

スポンサードリンク

プラトニック あらすじ 8話

12年ぶり連ドラ出演の中山美穂がキンキキッズの堂本剛と初共演 !

脚本は野島伸司が手がける悲恋の物語 !!

「プラトニック」7月13日(日)は8話目の放送となります。

今回は気になる物語のあらすじ 8話を紹介させていただきます。

プラトニックのあらすじ 8話は下記の内容となっております。

青年(堂本剛)は医師の倉田(尾美としのり)に、
腫瘍摘出の手術は受けない選択もあると告げる。

沙良(中山美穂)への愛を貫き、沙莉(永野芽郁)に
心臓提供することが自らの運命と思い込んでいた。

一方、青年に生きて欲しいと願う沙良は、
別れる決意を固めていた。

ある時、元夫の佐伯(吉田栄作)は沙莉のために
一緒にアメリカに行き、移植手術を受けようと提案。

沙良は悩んだ末、ホテルで佐伯を待つ。

その夜、悲劇は起きた・・・。

以上が、プラトニック あらすじ 8話の紹介でした。

プラトニックの放送は毎週日曜 22:00~22:50 です。
どうぞ、お楽しみください。
スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 中山美穂が堂本剛と初共演 ドラマ プラトニック All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。