So-net無料ブログ作成
検索選択
プラトニック あらすじ ブログトップ
前の1件 | -

プラトニック あらすじ 最終回

スポンサードリンク

プラトニック あらすじ 最終回

12年ぶり連ドラ出演の中山美穂がキンキキッズの堂本剛と初共演 !

脚本は野島伸司が手がける悲恋の物語 !!

「プラトニック」7月13日(日)は、いよいよ最終回の放送となります。

物語はどんな結末を迎えるんか・・・

今回は気になる最終回のあらすじをお届けいたします。

プラトニックのあらすじ 最終回は下記の内容となっております。

青年(堂本剛)は医師の倉田(尾美としのり)に、
脳瘍摘出の手術は受けない選択もあると告げる。

沙良(中山美穂)への愛を貫き、沙莉(永野芽郁)に
心臓提供することが自らの運命と思い込んでいた。

一方、青年に生きてほしいと願う沙良は、
別れる決意を固める。

ある時、元夫の佐伯(吉田栄作)は沙莉のために
一緒にアメリカに行き、移植手術を受けさせようと提案。

沙良は悩んだ末、ホテルで佐伯を待つ。

その夜、悲劇は起きてしまう。

以上が、プラトニック あらすじ 最終回の紹介でした。

プラトニック最終回の放送は
7月13日(日) 22時00分~23時00分 までの
予測不可能!
衝撃ラスト!
10分拡大SP!
となっております。
どうぞ、お楽しみください。
スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | - プラトニック あらすじ ブログトップ
Copyright © 中山美穂が堂本剛と初共演 ドラマ プラトニック All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。